怖い人になってはだめ

本当は生徒と楽しくワイワイやりたいけれど

彼らが結果を残せるように

時にはめちゃくちゃ厳しくいきます

叱るのって体力がいりますし

どれだけ年数重ねても慣れるものではありません

だからこそ

意図的に自分の振る舞いや感情、表情、声色まで

コントロールした上で叱ります

一時の感情で叱ることは絶対にありません

実は、ちゃんと計画しています

 

ここで僕が特に気をつけていること

人格ではなく行動を叱るとか

相手に合わせて言葉を選ぶとか

そういうのは当たり前なんですが

それよりも

ケロッとすること

意識しています🐸

どういうことか

 

ガツンと指摘すると

一瞬生徒は凹みます

引きずる子も当然います

でも

僕らは引き摺らない

ガツン、そのあとはスッ

です

 

ずるずる引きずる先生は怖いです

怖い人というのは、得体の知れない人です

だから

僕はこういうときに叱るぞ!となるべく言語化していて

一度叱ったらすぐに切り替えて接します

昨日叱られたから気まずい

となっては良くないので

 

このあたりをわかってる子が多いから

僕がピリつかせた時にも

大輝はこういう意図で厳しくしてる

と汲み取って、黙々と勉強します

 

信頼関係が一番大事ですから

こういうことも

ブログに書いちゃうし

なんなら授業内でも話します

手の内晒してるけど

その方が安心だよね?

何考えてるかわからない人にならないよう

思ってることはどんどん伝えていきます

 

伝えないと

伝わらないからなあ

コミュニケーションって難しいね