前に進んでいる感覚はやる気に繋がる

受験勉強はマラソンだ

はるか先にある見えないゴールに向かって歩を進める

だからこそ

今どこを走っているのか

周りと比べてペースはどうなのか

このままでゴールに辿り着けるのか

不安になる

途中で走るのを辞めてしまう人もいる

その原因は?

色々あるだろうけど

頑張って走っているのに報われない

という失望を繰り返すことによって

モチベーションが低下してしまうケースがよくある

僕も受験生だったからすごくわかる

自分なりにはやっている

でも

一向に成長が感じられない

気持ちが滅入ってしまうことはあるよね

だからこそ知っておいてほしいこと

勉強は、

行動から結果までの距離が長いんです

やってもやってもなかなか伸びない

これは当たり前なんです

今グングン伸びている人は

そこまでの過程で

同じ経験をしているだけで

経験している苦しみはみな同じだと思ってください

だからこそ

続けていれば

あるポイントでグッと伸びる

それまで待てって言うの?

はい、そうです

積み重ねた努力の先に

辿り着ける場所があるから

頑張っているのに結果が見えない

じゃあ頑張りがわかるようにしよう

マラソン選手が

今何キロ走ったのかを確認するように

自分がどれだけ勉強したのか

記録をつけてみよう

僕はそれを成長記録ノートと呼んで

生徒たちに記録するように伝えています

f:id:daiki_futagami:20210616130936j:image
f:id:daiki_futagami:20210616130939j:image
f:id:daiki_futagami:20210616130942j:image

大事なのは

前に進んでいる感覚を得られるか、です

そのための仕組みを作ること

すると

気持ちのコントロールができるようになっていきます

まず、やってみようね^_^